日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく、独り言の日記。

ただの妄言さ

日記 - 日常の雑記

2019年6月9日の日記】でぶつぶつ言ってた画集の設定についての勝手な見解の続きというか追加というか。
 
曲紹介や画集にも載ってる通り「アーミィに対しては弟のような存在」ってのは、アーミィと鴉が接触している前提で、アーミィが鴉のこと弟みたいに思ってたのは確定だと思うんだよな。グラのクローンにはそういう表記はないし…。
鴉がアーミィのことどう思ってるのかは不明だけど、少なくともアーミィは鴉を弟として接してたのは間違いないはず。
優しお兄ちゃんしてたのか悪戯なお兄ちゃんしてたのか気になるけど、鴉はそんな兄貴を始末しろって命令されてしまったワケで、その心境が気になって仕方ない。立場的にとても辛いのではないだろうか。
俺の黒い天使が可愛すぎて俺が辛い。
 
一方で接続と重力ではお互いが接触していたような様子がうかがえる文章が無い。
鎖が重力を倒して上に立とうとしている辺り、重力がラボから逃げ出した後にオリジナルの存在を聞かされた感じがする。自分のオリジナルの存在を知って嫉妬するのだから自信家かもしれない。
刺斬はオリジナルに対して淡白そうである。鴉に従い、鎖の補佐してるくらいしか書かれていない。グラに対して熱くなりすぎる鎖をなだめているのは間違いなさそうだ。
同じクローンなのに対極的な2人はやっぱり2人でひとつだな。離せるわけがない。
 
ギガデリは唯一出身地がはっきりしてる。一般少年が拉致られたというので確定。
アーミィが能力開花と同時にラボを去りそのタイミングで逃げ出しているから、ギガデリがラボにいたのは数年間くらいのことだろうか。成長を止められているからもっと長い年月でもあり得るが、ギガデリが能力を身に付けたのは他の子がかかる期間に比べて比較的早かったのではないだろうか。元々素質があったのかもしれない。
アーミィとグラビティは出身地不明だから、ラボで生まれた可能性も視野に入れていいかもしれない。特にアーミィはラボを出てひとりで世界見回って知識を得てたっぽいから、ラボで生まれた可能性は特大。
…ゆえに、世間と接点が無さそうなグラビティが米を知らないのは仕方ない。
だがギガデリ、お前は知ってなきゃダメだろ。それともパンの国なのか?
アーミィ、君は世界を巡って社会の仕組みを知る中で食い物は学ばなかったのか? 食事を必要としない体なのか??
世間と接点無さそうなグラが米に近い回答したから、勘の鋭さは3人の中で一番ってことだな?
 
 
ところでボスって飲み終わったあとにストロー噛んだり、食い終わった棒アイスの棒を噛んで折ってそうな感じがする(ものすごい偏見)