日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく、独り言の日記。

手向けの花

日記 - 日常の雑記

車を運転していると、稀に、交差点の端に花が添えられているのを見かける。それを見つけると、ちょっぴり息が止まるような切なさを感じる。
親しかった人だろうか、同じ屋根の下にいた人だろうか、すぐ隣にいた人だろうか。
時が過ぎても、何かが止まったままで。姿無き大切な人への想いが、そこにある。
 
どういうわけか、人間は遥か太古の昔から死者に花や植物を添えるという風習があったんだとか。
死者を肉食動物から守るためか、それとも、枯れては咲く花のように死者の蘇りを夢見たのか。