日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく、独り言の日記。

Ori and the Blind Forest

日記 - ゲーム記録

Ori and the Blind ForestOri and the Blind ForestSwitchの「オリとくらやみの森」をプレイ。
とあるゲーム実況動画でこのゲームのプロローグを見て、グラフィックの美しさと幻想的な世界観に惚れこんだ。しかもプロローグで涙流して泣いてしまったほどにストーリーが切なかった。
全く知らなかったゲームだけど、このゲームは絶対に良作であると私の本能は告げた。
ゲーム実況動画を見てしまうと攻略のヒントになってしまうため動画観賞は後にし、すぐにダウンロードしてプレイ。
二回目に見るプロローグでまた泣きながらコントローラーを握った。
ストーリーを楽しむためにサクっとプレイしたかったのでイージーで開始。
 
 
Ori and the Blind ForestOri and the Blind Forest主人公のオリは、とても可愛らしい見た目の精霊。ほのかに青白く光っていて神々しい。
キャラクターたちの動きがなめらかで綺麗だし、シンプルな容姿なのに表情も豊か。可愛い。可愛いしかない。
 
 
Ori and the Blind ForestOri and the Blind ForestOri and the Blind ForestOri and the Blind Forestいわゆる、横スクロールの探索型アクションゲーム。
アクションゲームは得意ではないけど、スーパーメトロイドやスーパーマリオワールド、ロックマンX1~6、大神、ベヨネッタなどをプレイし、どれもクリアした経験があるので全くの不得手というわけではない。でも上手くはない。
 
しかし、しかし…。このゲームは私が知ってるアクションゲームよりもずっと難しかった。
最初のころは、このくらいの難易度ならできるな。…と思っていたけど、中盤あたりから急に殺意ある初見殺しや、死に覚えゲー的な脱出が顔を見せ始め、オリ君が新しい能力を身に付けるたびに直後にその能力を叩きこまれるかのように使わせてくる。それはまだいいとして。
終盤になると謎解きに近いギミックも増え、得た能力を組み合わせて使わなければ進めない場所だらけになる。少々運が絡むようにタイミングがシビアであったり、操作の正確さが問われてくる。体力やHPに物を言わせたゴリ押しでは進めない。
謎解きギミックの攻略を閃いた時に「え、これ…マジでこの操作させようとしてるの!?」と驚愕とハードルの高さに思わず声を出して叫んでしまった。
 
けれど、時折挟むストーリーの展開や美麗なゲーム画面に救われて諦めることなく、攻略サイトも見ずに全クリアできた。
壮大で切ないストーリーと難所をクリアできたときの達成感も相まって、最高のゲームだった。曲も聞き惚れてしまうくらいに美しい。
この値段の安さでこのゲーム内容だなんて、信じられないくらいだった。
ありがとう、すっごい楽しかった。好き。
 
 
Ori and the Blind Forestこの世界の森の美しさよ…。
 
 
Ori and the Blind ForestOri and the Blind Forest能力全開放して、マップも自力で全アリア100%埋められたよ!
とても広いマップだったけど、探索楽しかった。唯一心残りなのは、詳細マップが拡大のみで全体図が見られなかったことだけ。
最近、このゲームの続編が出たらしいので、当然のように買うのだぜ。
 
 
Ori and the Blind Forest画像貼り合わせてマップの全体図を作った。
改めて見ると、その広さに驚く。

Ori and the Blind Forest|Moon Studios