日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく、独り言の日記。

機械は…

日記 - 日常の雑記

エレチュンは良い。
永久少年の中では最古参だし、まだ公式の名も無いころからずっと弐寺キャラとして馴染みがある。
人間なのか機械なのか分からない容姿は仄かな不気味さがあり、不思議な雰囲気の曲を担当していたから未知の存在のような感じがあった。
まぁ、ただ、まともに描くには難易度は高い…。何なのさ、そのコードとかゴチャってるの…。その分、描きごたえはあるけども。
一方で、落書きの場合は適当に線引いてもソレっぽく見えるから手軽である。
 
 
 
機械は素直でいい子だ。
えー何でこれエラーなのおかしいだろ…って思っても、機械は指示された通りの行動しかしてないから、故障でない限り、人間の命令の仕方が間違ってるだけ。
 
「よく振ってからお飲みください」って書いてあるのに振るの忘れて最後あたりに味が変になるのは、自分が悪いよな、知ってる。
機械は絶対そういうミスしないからな。
「振らずに開封してください」って書いてあるのに振っちゃって開けたら中身飛び出してくるのは自分が悪いよな、知ってる。
機械は絶対そういうミスしないからな。
 
文字書いてあるのに読まないのは猿以下だぞ。分かりづらい所に書いてあるのが悪い…なんてのは屁理屈な言い訳だからな。
 
 
でも、ミスするからこそ、生き物である。