日常のこととか、創作や二次創作の絵や妄想を好き勝手に綴っていく、独り言の日記。


自重知らねぇ

日記 - 日常の雑記

しんぷる いず べすと
普段こんな格好なら、描き易い(笑)
 
妄想は痛く無い。
なぜなら、夢を見ているから。
夢の中にいれば、痛く無い。
しかし、熱が冷めれば、目が覚める。
その瞬間から、痛みを知る。
 
それが、痛い妄想(悟)
 
 
暫定設定を考えてみる。
名前、アルマ、そのまんま。
人間が神様を造るとしたら? きっと、こんなん。
メンデスの後継機の為か、メンデスに対して仲間意識があり、一緒にいたがる。
でも、メンデスにウザったがられる。「あっちに行け、犬」とか言われる(笑)
時空を歪めて、パラレルワールドからボスたちを召喚。悪気は無い。
その中でも、人造天使っぽいEXUSIAは気持ち悪いくらいアルマを崇める。
 
ついつい色々と思いついてしまう不思議妄想(笑)


全く自重ができませんでした

日記 - 日常の雑記

名前はアルマで決定だったんだけど。
EXUSIAがお守役だと良か。
EXUSIAはメガネの長身男で決定されてるZE(何)
 
犬耳に見えなくも無い角っぽいのを発見した瞬間に全て決まった気がしたような気がする。
ウサギ→ヘビ→犬・・・ってかんじのワンモアロボですか。
ヤベぇよ(お前の頭がな)


ある日の夢

日記 - 日常の雑記

「メンデス様以外には従いませんよ。愛玩用でなく、戦闘用なので。・・・地上人め、媚びてやるとでも思ったかよ? その平和ボケした頭を砕いてやろうかァ!」
頭の良い時&凶暴な時のクラーケンでは、まず絶対飼えない。懐かない。
 
金魚鉢に入る、といっても触腕はみ出まくりだけど、そのくらいの大きさのクラーケンだった。
海中戦特化型戦闘兵器とはいえ、非戦闘時は生き物と何ら変わらない。
でも、小さくてもクラーケンはクラーケンだった。
・・・懐かない。
メンデスか、自分と同列の者以外の言うことは、全く聞く気が無い様子。
何故か、にぼしが好きで、これをあげてる時だけは、おとなしかった。
海や水中にいる生物を「海中人」と言い、陸上で生きる動植物を「地上人」と呼んでいた。しかも、微妙に差別していた。
ころころと性格が変わるもんだから、状態を見て対応しないと、すぐ暴れだす。
でも、金魚鉢から抜け出す事は無く、いつもそこに居た。
特別でもない仕事をして、家に帰ればクラーケンを構う。ゆるゆると過ぎていく日々。
時々、話しかけてくれる事も増えてきた。
今それしてる何?とか、今日はカジキが食べたいから獲ってこいとか、人間でいるのは楽しいか?とか。
その場限りの他愛の無いやりとりから、他の種族から見た人間はそう見えているのかと気づかされることまで。
 
どういう経緯か忘れたが、イカロスが引き取りに来た。
「…それが生きる場所は、金魚鉢の中ではありませんわ…。…戦場です」
と、そうイカロスが言う。
イカロスは、金魚鉢を抱えて、あまり熱の感じない火力を纏い、颯爽と天空に飛んで去って行った。
 
去っていった地平線の先は、夕焼けでもないのに真っ赤に燃え上がる、戦火に荒れた世界だった。
クラーケンを金魚鉢に入れて飼っていた時間、どれだけの戦火が海に上がっただろうか。
平和ボケした頭を砕いてやろうかと言われた言葉が、心に沁みた。
 
 
・・・そんなお話。


大神の真似

日記 - 日常の雑記

ウチのクラーケンに濡神の真似を…(笑)
何か、違和感無さそうだと思った。
これが、白肌白髪、傷無し、両目閉じて、下半身が蛇で、耳の所ふさふさしたヤツだったら、多分まんま濡神擬人化で通用するハズ(笑)
あ、あと、多分、濡神は♀だろうな(重要)
大神の筆神の一神である濡神を見て「何この神様、妖艶通り越してエロい」って思った人、うずしおだけではないはず(笑)
 
DSで大神出ますね! 来年だけど。
うずしお、DS持ってないけど、大神の為に買っちゃうかもよ?(笑)
あのちっちゃいアマテラス…!!
可愛過ぎて悶える。(笑)
天照大神が子犬だよ! わんこだよ! チビテラス!!


Sではない

日記 - 日常の雑記

ハデスの思考に同族もドン引き(笑)
 
色塗る気力がねぇ…。
楽書きだからじゃないと思う。
ハデスがとてもイイ感じの顔に描けたから満足しちゃったんだと思う。
何かアブナイ感じのキャラも好きです。嗜虐好きとか電波系とか。お友達にはなりたくないですが(笑)
嗜虐とサドはまた違う感じだと思う。
サドはあくまで、そういうプレイを好む感じだと思うんで、ちゃんと相手の承諾あってこその楽しみ方なのではないかと。
嗜虐好きさんは、相手の事考えずに惨い事したり、そういう性癖のある人だと思う。一方的。
 
・・・オトナな内容だぁ。こんなトコで18禁だぜぇ(笑)
ウチのサイト12禁なんだぜ(知らねぇよ)
んでもって、16歳以上推奨(笑)
・・・だと思う(意味不明)
 
18禁と24禁の差とのについて、何か解った気持ちでいる(笑)
18禁は、普通のそういう行為だと思う。
24禁って、そういう行為の更に先に突き詰めたトコだよなぁ。普通の人から考えたら「うわぁ…」って思うようなマニアックな方向。
・・・だよ…な?
…うずしお、こういうお話ができる年齢だよ! 精神年齢は17歳だけど!(何)


寝言だった

日記 - 日常の雑記

パラノイアな生存者と冥王。
 
生存「ハデス…お前、ワンモアになったんだってな。これから気安くハデスなんて呼べないよなぁ。ワンモア様だもんな」
冥王「……」
生存「あの…メンデス様だっけか? …ワンモアの。お前の所の総大将。・・・気にするなよ、副大将でも立派なワンモアじゃないか」
冥王「…メンデスなんて…、…死ねばいい…。…死ね」
生存「おいおい、物騒な事言うなよ。俺は些細な事で喧嘩になったクエーサーに不可抗力で傷を負わせて、追放されたんだぞ? 総大将相手に何かしでかしたら、それこそどんな処分受けるか解らないぞ」
冥王「……」
生存「俺、本当はクエーサーに怪我なんかさせる気無かったんだからな。命を懸けて護らなきゃならない大事な人だったんだ。喧嘩したまま二度と会えないなんて・・・。あいつ、ぼやっとしててドジな所あるから、心配なんだよ。もう、傍に居てやれないし…」
冥王「……」
生存「考え直せって。あのメンデス様も、悪い人じゃないんだろ? 余計な事して惨事になったら、堪らないぞ。俺みたいに後悔するだけだ」
冥王「…もっと強くなれば…メンデスなんか…」
生存「よせよ、そういうの。それにお前、十分強いって。攻撃(譜面)は高速で鬼畜に併せて低速陰険ネチっこい、容姿(ムービー)もいっそトラウマになりそうなくらいだ。…あ、褒めてんだぞ」
冥王「……」
生存「元気出せよ」
冥王「……」
生存「なぁ?」
冥王「……」
生存「・・・・・寝てんのかよ!」
 
 
ざっざか描いたから、酷いデッサンっぷりだ。